マインクラフトをMOD導入で実際に動かしたゲーミングノート「GALLERIA GCR1660TGF-QC-G」のレビューです。

GTX 1660 Ti 搭載ハイエンドゲーミングノートでありながら国内最軽量で従来のスリムノートよりも15%も薄くなってさらにインテルと共同開発

ドスパラゲーミングノート人気ランキングで1、2位を争う評価になっています。

実機を入手したので実際に影MOD導入済みマイクラを動かして徹底的にレビューしました!

ガレリアGCR1660TGF-QC-G マインクラフト

【 設定:最高画質 】
chunk fps (平均=緑,最小=青)
32
48

ガレリアGCR1660TGF-QC-GというノートPCでマインクラフト 影MOD導入でfpsはどれくらい?快適に動くでしょうか?

実機で動かしてみたところ描画距離32 chunkで60fps以上を軽く超える82fps!

狂気の48chunkでも約平均60fpsで快適です!

導入したマイクラMODは『SEUS Renewed』という定番の影MODの2019年12月最新版と、それに対応する最新版マインクラフトPC。

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gはマイクラが快適にプレイできるゲーミングノート PC と言えます!

スペック

GPU NVIDIA GeForce GTX1660Ti + インテル UHDグラフィックス630
CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM
SSD 512GB NVMe SSD
ハードディスク/SSD HDD 無し
電源 ACアダプター (230W)
マザーボード モバイル インテル HM370 チップセット搭載マザーボード
ディスプレイ 15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)

ノート PC と言うと非力なスペックだというイメージがあるかもしれませんが、GCR1660TGF-QC-Gは最新の6コア CPU のi7-9750H を搭載しています。

デスクトップ版の i7 9700に比べベース動作周波数が0.4 GHz 低くなっていますが、ターボブースト利用時では0.2 GHz の差にまで縮まっています。

そのためゲームのプレイ中ではデスクトップと遜色ないようなスペックを発揮します。

GPU の GTX 1660 Ti は、デスクトップのグラフィックボードとほぼ同等 の性能を持っているため、これは非常にスペックが高いと言えます。

※スペックはレビュー時のものです。最新版は以下をご覧ください。

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gのスペック詳細はこちら!

国内最軽量!サイズも薄い!

重量 約1.87Kg(内蔵バッテリー含む)
サイズ 356.4(幅)× 233.66(奥行き)20.5(高さ 最薄部) mm

ハイスペックなゲーミングノート PC は分厚くて重い、オフィスノートと比べて野暮ったいイメージがありましたが、

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gはマグネシウム合金シャーシ採用で、紹介ページによると国内最軽量です!

これは楽に片手で持ち上げられるくらいの重さであり、普通のノートと遜色なく持ち運べます

さらに他の従来のドスパラのスリムノートから15%も薄くなっています!

さすがはインテルと共同開発しただけありますね。

※大きさやサイズはレビュー時のものです。最新版は以下をご覧ください。

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gの大きさやサイズの詳細はこちら

ディスプレイ

ディスプレイ 15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gのディスプレイは、144hzゲーミングモニターと同じリフレッシュレート!

フォートナイトのようなeSports の激しいアクションでもヌルヌル快適に描画されます!

さらにベゼルは4.5mmの極薄

これにより本体のサイズが小さいのに画面は大きく見えます。

非光沢なのでモニターに映り込むこともなくプレイに集中できます。

発色も綺麗で色合いもよく見えますね。

キーボード

キーボードは最新の光学式スイッチで超高耐久です。

実際にタイピングしてみたところ、打鍵感が軽快でメカニカル式と似ている感じです。

ノートゲーマーに人気のテンキーレスキーボードなので、ゲームをする際に誤爆することもなく操作性が良いです。

キーボードは LED バックライトがついています。

プリインストールされている「コントロールセンター」から発光パターン変更やライトをオフにすることもできます。

タッチパッドはサラサラとした手触りで使いやすいです。

ワンタッチで性能アップ!電源設定の変更が可能!

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gは電源ボタンの横に電源のパフォーマンス設定をワンタッチで変更できるボタンがあります。

このボタンを押すたびに「バッテリーセーバー」「高性能(ゲームモード)」「標準」というように変更できます。

Web 閲覧など特にスペックを使わないような時は、「バッテリーセーバー」に変更してバッテリーの減りを抑えることができます。

ゲームをする時は「高性能(ゲームモード)」に変更することで標準よりも性能がパワーアップするためfps(フレームレート)も良くなります。

購入時点では「標準」の設定になっています。

なので、ガレリアGCR1660TGF-QC-Gを実際に買ってゲームをする時は、この電源設定を変えないとfpsが低くくてカクカクすることもあるので注意しましょう。

この電源設定はプリインストールされている「コントロールセンター」というソフトウェアからも変更や確認ができます。

現在の設定が何なのかよく分からなくなった時などもコントロールセンターを開いてみると確認できます。

バッテリーは最大10時間駆動!

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gは94Whの大容量リチウムバッテリーを持っています。

公式の測定結果では、最大10時間もの間、電源接続なしに稼働させることができるとのこと!

これはゲーミングノートの中では最強クラスとも言える駆動時間です!

出張先や新幹線で旅行中でもゲームをしたい場合、充電なしでも十分にプレイができるということです!

スタイリッシュなデザイン

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gのデザインは、シンプルかつスタイリッシュな感じになっています。

ノート PC で消耗しやすいヒンジ(蝶番)の部分は耐久性を追求したデザインですが、楽に開閉できる快適さもあります。

天板を見てもロゴがあるだけです。

一見してゲーミング PC という感じでもないので、 TPO に合わせてオフィスノートとしても使用できる外観です。

つまり仕事用としても使うことができるデザインです。

ですがゲームをやるときはよくあるゲーミングノートのようにキーボードを光らせることで雰囲気を高めることもできます。

時と場所に合わせてマルチユースに使えるノートといった感じですね。

付属品

付属品 クイックガイド / ACアダプター
オフィス Office なし
Steam Steamクライアントのインストール
光学ドライブ 無し
カードリーダー SDカードリーダー (SDXC対応)
WEBカメラ Windows Hello対応 WEBカメラ
その他 マニュアル、取扱説明書、ドライバCD等

ゲーミングノートとしての付属品はもろもろ揃っており特に不足はない感じです。

※付属品はレビュー時のものなので時期により追加や削除があります。最新版は以下をご覧ください。

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gの付属品詳細はこちら

おすすめカスタマイズ

パーツ 標準構成 おすすめカスタマイズ
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM 変更不可
SSD 512GB NVMe SSD 変更不可
ハードディスク/SSD HDD 無し 変更不可
オフィス Office なし 必要なら
光学ドライブ 無し 必要なら外付けDVDドライブをセット購入可能

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gはカスタマイズの可能な部分があまりありません。

メモリ SSD ハードディスクの追加変更ができないのは、スリムモデルよりも薄型のノートだからという理由があると思います。

薄型ノート PC だから仕方がないことですね。

ですがメモリは16 GBあるので 最新のゲームで推奨スペック以上であり、カスタマイズする必要がないくらい十分なスペックはあります。

光学ドライブに関しては外付けの DVD ドライブをセット購入が可能なので、必要な方はカスタマイズの周辺機器の項目で追加しましょう。

SSD ハードディスクが不足した場合も外付けのハードディスクや USB などを購入して対応しましょう。

※ガレリアGCR1660TGF-QC-Gカスタマイズはレビュー時のスペックを元にしています。時期によりカスタマイズ可能パーツに変更があるため、現在可能なカスタマイズ項目は以下からご確認ください。

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gのカスタマイズはこちら

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gベンチマーク

緑=GCR1660TGF-QC-G,青=平均的なゲーミングノート 上位
3Dmark Fire Strike
29%

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gの性能を評価するベンチマークソフトウェアを実際に動かしてみました。

結果、平均的なゲーミングノートのスコア10850をはるかに超える14192です!

つまり平均的なゲーミングノートの1.3倍の性能評価ということです!

しかもこのスコアは全世界のデスクトップを含めたゲーミングPCの上位29%になります!

フォートナイト

平均fps
中設定
最高設定エピック

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gはノートですがフォートナイトが144fps以上でます!

設定は解像度フル HDの中設定になります。

最高設定の場合でも、60fpsを遥かに超える90fps以上で動くためノートといえどもスペックは非常に高いと言えます。

設定次第では240fpsも夢ではないかもしれません。

PUBG

平均fps
中設定
最高設定ウルトラ

pubg は最高設定で90fps以上です!

中設定なら144fpsに一歩足りませんが131fps出るため、快適にプレイが可能でドン勝つも夢ではないです。

オーバーウォッチ

平均fps
低設定
高設定
最高設定エピック

オーバーウォッチは高設定で約144fps

低設定なら300fps近い290fps出るため、快適にプレイできます。

FF14

平均fps
最高設定品質
推奨スペック

最新のFF14 漆黒のヴィランズが最高設定でも非常に快適!

特にスコアは推奨スペックの7000の約2倍にも達しています!

これは FF14ができるノート PC としては、かなり快適なベンチマーク結果と言えます。

ドラクエ10

平均fps
最高設定

ドラクエ10話ノート PC なのに「すごく快適」である12544です!

これも推奨スペックよりも2倍近いベンチマークスコアとなっています。

PSO2

平均fps
最高設定

PSO2 も最高設定で桁外れなスコア28176です!

非常に快適なノート PC と言えます!

VR推奨スペックも超える!

緑=GCR1660TGF-QC-G,青=VR推奨スペック
VRMark

VR の性能を測る VR マークによると、VR推奨スペック5000を超える6784という評価です!

ガレリアGCR1660TGF-QC-GはVRも難なくできるということです!

レビュー評価まとめ

執筆現在ドスパラのゲーミングノートランキング1、2位を争っていて、数多くの方が購入しています!

さすがはインテルと共同開発したというゲーミングノート PC なだけあり、スペックもさることながら最軽量なところが売れているわけでしょう。

3Dmarkベンチマークでは、平均的なゲーミングノートの1.3倍の性能を持つという評価があり、実際マイクラや最新ゲームもヌルヌル快適!

モニター144hz で長時間駆動できるバッテリーも持っているため、どのような場所でもプロゲーマーのようにプレイが可能です!

シンプルなデザインで学校やビジネスでも使えるので、ゲーミングノートが欲しい方だけでなく、ハイスペックなノート PC が欲しい方にもおすすめです!

※記事に掲載した価格は特に注釈がない場合は税抜きです。

ガレリアGCR1660TGF-QC-G購入キャンペーン特典

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gは購入の際に最大5.5%ポイント還元キャンペーンがあります!

これはキャッシュレス決済還元+ドスパラポイントです。

ドスパラポイントは Steam ウォレットでチャージが出来るので、無料でゲームを買うことも可能です!

期間限定なのでお早めに!

ガレリアGCR1660TGF-QC-Gのキャンペーン購入特典の詳細はコチラ!

 GALLERIA GCR1660TGF-QC-G
価格:145,380
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★☆☆☆
CPUCore i7-9750H
GPUNVIDIA GeForce GTX1660Ti + インテル UHDグラフィックス630
メモリ16GB DDR4 SO-DIMM
SSD512GB NVMe SSD
HDDHDD 無し
電源ACアダプター (230W)
モニタ15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)
コメントインテルと共同開発した薄型でスタイリッシュなノート PC です! GTX 1660 Ti とCore i7、メモリも16 GB、SSD 512GBも搭載し スペックは十分あります!

マイクラが重くて動かない場合、PCがマインクラフトのスペック不足の可能性があります。

こちらにマイクラの推奨スペック最新版とおすすめPCを設定別に解説したので、ご確認ください。