マインクラフト推奨スペックとは「PCでマイクラがサクサク快適にできるスペック」です。

しかし、公式スペックはどんな設定で推奨されてるのか、分かりません。

そこで、複数のスペックで実際にマインクラフトを動かし、60fps以上でるスペックかどうか独自に診断してみました。

マイクラにMOD導入し最高画質設定など変更した上で計測しています。

推奨スペック

マインクラフト(マイクラ)の推奨スペックの最新版は、独自調査した結果、以下になりました。

【最高画質の推奨スペック(48chunkで60fps以上)】

  • [CPU] Intel Core i9-9900K 以上
  • [グラボ] RTX 2080 Ti 以上
  • [メモリ] 16GB 以上

 

【最高画質の一歩前の推奨スペック(32chunkで60fps以上)】

  • [CPU] Intel Core i7-8700 以上 または AMD Ryzen 7 2700 以上
  • [グラボ] RTX 2080 以上
  • [メモリ] 8GB 以上

 

このマインクラフト 推奨スペックは、実際にMODを導入したPCで、2019年最新マイクラを動かして決めました。(パッチをアップデート済み)

なぜこのスペックがマイクラ推奨かというと、評価の基準としてビデオ設定の描画距離(chunk)を変えた際のフレームレート(fps)で診断したからです。

このパソコンは影MODを導入していますが、マインクラフトに+工業MODを入れる方も多いと思います。

また、マイクラ配信や実況、動画編集をする場合はスペックが必要になったりfpsが下がる場合があります。

その場合は、このスペックのPCが最低限必要と考えてください。

フレームレートとは主に1秒あたりの画像数で、マイクラのようなPCゲームでは60fps以上でるスペックなら快適と診断されます。

推奨スペックで影MODはサクサク?

このスペックのPCにマイクラの影MOD を入れると実際どうなのか?

狂気の最高画質である48chunkはRTX2080Ti+i9-9900Kのスペックであれば、マイクラ影MODがヌルヌルのサクサクといった感じです。

32chunkまではRTX2080+i7-8700のスペックもサクサクでした。

以下はスペックごとのマイクラの実際のフレームレート(fps)を、スペックとビデオ設定の描画距離で分けたグラフです。

【 マイクラ 影MOD 16chunk 】
平均fps=緑、最小fps=青
RTX2080Ti+i9-9900K
RTX2080+i7-8700

マイクラ設定で描画距離が16chunkでは、RTX2080とRTX2080Tiを比較しても大差がないです。

スペック的にそこまでこだわる必要は無さそう。

 

【 マイクラ 影MOD 32chunk 】
平均fps=緑、最小fps=青
RTX2080Ti+i9-9900K
RTX2080+i7-8700

32chunkのマイクラはRTX2080のスペックで最小60fpsです。

その下のスペックであるRTX2070ではサクサク動かず、推奨されないスペックになります。

 

【 マイクラ 影MOD 48chunk 】
平均fps=緑、最小fps=青
RTX2080Ti+i9-9900K

最高画質である48chunkのマイクラのスペックは、RTX2080Ti+i9-9900Kだけがヌルヌル快適で動くことが可能です。

実際にベンチマークしてみてもRTX2080Ti + i9-9900Kがマイクラ推奨スペックと分かりましたね。

スペックのCPU依存・コア数について

マイクラ推奨スペックでは、本当にCPUが i9-9900K 必要なのか?

マイクラのスペックではCPUのコア数にどれだけ依存するか、気になる方もいるかもしれません。

なぜなら、RTX2080Tiのグラボは高いので、CPUはなるべく安くしてPCの価格を抑えたいと考えるからです。

そこで、RTX 2080 Ti ゲーミングPCでマインクラフトを実際に動かしたときに、CPUが Intel Core i9-9900K と AMD Ryzen 7 2700でフレームレートがどれくらい違うのか比較してみます。

このCPUはどちらも、同じコア数(8コア16スレッド)ですが、動作クロックに差があります。

i9-9900Kのほうがスペックは高いですが、価格はRyzen 7 2700のほうが4万円近く安いです。

【 マイクラ 影MOD 16chunk 】
平均fps
Core i9-9900K
Ryzen 7 2700

 

【 マイクラ 影MOD 32chunk 】
平均fps
Core i9-9900K

 

【 マイクラ 影MOD 48chunk 】
平均fps
Core i9-9900K
Ryzen 7 2700

マインクラフトのすべての設定で i9-9900Kのスペックのほうがフレームレートが高いです。

この結果から、マイクラはCPU依存が割とあることになります。

それどころか、前回見たRTX 2080 + i7-8700よりスペックが高いはずのRTX 2080 Ti + Ryzen 7 2700のほうがマイクラが重い動きになってますね・・・。

同じグラボでもCPUに違いがあるどころか、一段下のスペックのゲーミングPCにしたほうがマシなケースすらあるということです。

マインクラフトをやる上では RTX 2080 Ti ならCPUは同じコア数であっても Ryzen 7 2700ではなくi9-9900KのゲーミングPCがおすすめ。

 

RTX2080TiゲーミングPCを安く買いたいと思ったとしてもCPUはケチらないほうがいいです。

CPUをケチるくらいなら一段安いグラボのRTX 2080 とインテルCPUのスペックのPCのほうがコスパは高く満足するでしょう。

PCの値段

マインクラフト(マイクラ)の推奨スペックの値段は安くても20万円以上が相場です。

  • 【最高画質の推奨スペック(48chunkで60fps以上)】:約30万円
  • 【最高画質の一歩前の推奨スペック(32chunkで60fps以上)】:約20万円

これはデスクトップPCの価格なので、実際はモニターも別に費用が必要です。

ゲーミングPCはBTOという受注してから生産するのが基本です。

なのでドスパラやマウスコンピュータなどでは、モニターもセットで購入できます。

テレビをモニター代わりにすると画質が悪くなる可能性があるので、PCモニターも一緒に買いましょう。

なお、このマイクラ推奨スペックと同じスペックのノートはありません

一番人気のPC

マイクラ推奨スペックで一番人気はRTX 2080搭載ゲーミングPCです。

最高画質の一歩前のスペックですが、安い値段なのがランキングトップの理由でしょう。

その中でおすすめはガレリアXG

今回マイクラを実際に動かしたPCだからです。

SSDが大容量500GBもあるので起動も早くて何年立っても新品同様で快適です!

 GALLERIA XG
価格:199,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★★☆
CPUインテル Core i7-8700
GPUNVIDIA GeForce RTX2080 8GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
SSD500GB SSD
HDD2TB HDD
電源700W 静音電源 (80PLUS GOLD)
コメントRTX2080という最新トップクラスGPUとi7-8700のCPUを搭載!さらにSSDとHDDも大容量のハイスペックなゲーミングPCです!メモリ8GBですが、購入時にカスタムで増設が可能です!実際に動かしたレビューはこちら!

他に似たようなスペックではマウスコンピュータのゲーミングPCがおすすめ。

値段は少し高くなりますが、CPUはガレリアXGよりもスペックが高いのでさらにfpsを改善できます。

 NEXTGEAR-MICRO im620PA1
価格:219,800
販売元 G-Tune
快適度 ★★★★☆
CPUインテル Core i7-9700K
GPUGeForce RTX 2080
メモリ16GB PC4-19200
HDD1TB
電源700W 《80PLUS BRONZE》
コメント最新グラボとCPUのRTX2080とi7-9700Kを搭載!さらにメモリも電源も大容量でこの値段はコスパ良いです!

狂気のスペックのPC!

マイクラが48chunkという狂気の描画距離で60fps以上でるスペックはRTX 2080 TiゲーミングPCです!

文句無しでマインクラフト最高画質の推奨スペックといえます!

実際にマイクラを動かしたPCはガレリアZZ i9-9900K搭載モデルです。

現状ゲーム用では最強のグラボとCPUを搭載!

さらにメモリ、SSD、HDD、電源容量までも大容量!

なのでPCを買い替えたいと思うこと無く10年使えるくらいのスペックなため寿命も長いです!

今なら定価より4万円引きで、さらに無料ゲームなどの購入特典も合わせると実質7万円引き

価格は実質26万円強といったところですが、10年使えるスペックとなると1日あたり73円程度!

割引と特典がある今がチャンスです!

 GALLERIA ZZ i9-9900K搭載
価格:299,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★★★
CPUインテル Core i9-9900K
GPUNVIDIA GeForce RTX2080 Ti 11GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSDSamsung 500GB NVMe SSD (970 EVOシリーズ, M.2, 読込速度 3400MB/s, 書込速度 2300MB/s, 3bit MLC)
HDD3TB HDD
電源SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS PLATINUM / SST-ST75F-PT)
コメント世界最強のRTX 2080 Ti と最新CPUを搭載し、メモリもSSDも電源も大容量!モンスターPCの上にコスパも最強です!

他にはマウスコンピュータの水冷PCがおすすめ!

マイクラ配信をよくやるならマイクがPCの音を拾うのは困りますね。

このPCなら静音性が高い水冷化なので実況するときも安心です。

メモリも32GBあるので、動画編集にもおすすめのスペックです。

 NEXTGEAR-MICRO im620PA2-SP
価格:339,800
販売元 G-Tune
快適度 ★★★★★
CPUインテル Core i9-9900K プロセッサー
CPUファン水冷CPUクーラー (240mm長型ラジエーター&2連ファン搭載)
GPUGeForce RTX 2080 Ti
メモリ32GB PC4-19200
SSD480GB ADATA XPG SX8200 NVMe対応 (M.2)
HDD2TB
電源800W 《80PLUS TITANIUM》
コメント最新最強のRTX 2080 Tiと K付きCPUのi9-9900K、空冷より静音性の良い水冷クーラー搭載で配信にも対応したモンスターPC!メモリもSSDもHDDも大容量!電源もトップクラスのTITANIUMです!