マインクラフトPCに影MODなどを入れても快適なスペックのPCやノートパソコンの失敗しない購入方法をおすすめします。どのPCの値段が安いのか無料で価格から検索できます。PC買い替えの参考にどうぞ!

マインクラフト パソコン版について

全世界で合算累計2億万本以上の売り上げを達成した大人気のサンドボックス型ゲームのMinecraft。PC版は何が違うのか?なぜPC版がおすすめされるのか?マインクラフトができるパソコンやノートPCのについてもご紹介。

マインクラフト PC版が動くだけでなく、影MODなど人気MODを導入しても重くならずに快適にマルチプレイまでするには、何が良いか。NVIDIA Geforce 対 AMD Radeon どちらがマインクラフトPC版の高グラフィック環境でプレイ出来るか、等のヒントや、グラボごとのベンチ結果、各BTOパソコンメーカーから発売されるマインクラフト推奨パソコンの購入方法を解説していきます。

PC版の違い

現在、マインクラフトはPC版以外のものもありますが、その違いについて簡単にお話します。

MODでグラフィック強化

影MOD導入の比較画像水面MOD glsl-shaders導入画像

MODというグラフィック強化やシステム追加・変更できる機能が、大きな違いの一つです。

特に影MODや水面MODが有名ですね。さらに、テクスチャーを合わせて導入することで高画質になります。

2018年12月最新、スマホ版であるPE版マインクラフトは、iOS/Android版両方ともMODが導入できますが、PC版のほうが画質もよく数も圧倒的に多いです。

テクスチャーが豊富で無料

マインクラフトのテクスチャーは家庭用版もありますが、種類が少なく有料です。しかし、PC版は豊富で、かつ無料なものが大量にあります。

見た目もかなり変更されるので、まったく別のゲームのように、いつも新鮮な気持ちでプレイできます。

maxresdefault (4)都市

建築に便利で時短

MODには、便利系MODもあり、木を一気に切れる木こりMODや、鉱山採掘や土破壊が簡単にできるもの等があります。もちろん、チートだと思うなら使わないという選択肢もありますが、ひたすら建築に専念したい場合は、導入するとかなりの時間短縮になります。

マップ・セーブデータ公開された作品を参考にできる

建築が好きな人なら、他の人の作品を見たいという欲求があると思います。

PC版では、セーブデータ・マップを公開している人がたくさんいるので、自分のパソコンで動くマインクラフトで、実際に細部まで眺めて参考にすることが出来ます。

eldaria_nord_ouest_01_2500776minecraft_render_pdcubo3d_12_md

イベントや大人数でマルチプレイはPC版

マルチプレイはPC版のほうが大人数で遊べます。

最近はニコニコ動画・超会議・闘会議などで、マインクラフトのイベントが開催されていますが、これもすべてPC版です。

そこでは実際にマルチプレイすることが多いので、PC版の操作性に慣れておいたほうが良いです。また、マップ自体が配布されることもあるので、パソコン版マインクラフトを持っているとより楽しめますし、みんなと話題を共有できます。

minecraftminecraft-pc

PC版VRマインクラフトは高画質で多機能

マインクラフトPC版のVR対応が公式に発表されました。

これはOculus RiftというPC版VRゴーグルを使用します。既にあるスマホ用VRであるGear VR版よりもハイスペックで高画質、専用のコントローラーを両手に持つことで、実際の手のように物を掴んだり投げたりできます。

また、Gear VR版と違い、クリエイティブモードやサバイバルモード、マルチプレイなどにも対応予定です。

Oculus Touch

なお、個人作成のMODでは既にVR対応されたものが配布されています。MOD版VRはHTC ViveというVR機が必要です。

 

PC版マインクラフトの違いのまとめ

  • 豊富なMOD
    • グラフィックを大幅に強化
    • 木こりMOD、鉱石採掘、土破壊など採集・便利系MOD・システムの追加
  • テクスチャーが無料(家庭用版は有料)。数もPC版が圧倒的に多い
  • 配布されてるセーブデータ・マップで他の人の建築を参考にしたり話題を共有できる
  • マルチプレイは大人数で遊べる
  • ニコニコ動画、超会議、闘会議、ゲーム実況などではPC版がスタンダード
  • 家庭用版では有料のスキンがPC版では無料
  • PC版が本家なので、最新バージョン追加要素は一番最初
  • マップ・ワールドサイズが無限(PCスペック依存)。家庭用機版は有限。
  • PC版VRマインクラフトは高画質で多機能

マインクラフトPC版の購入と体験版のダウンロード

マインクラフトは子供の教育効果も高いと注目されている大人気ゲームですが、マイクラ購入後に自分のパソコンでできない・・・、ということが無いように、Minecraft PC公式サイトから体験版がダウンロード可能です。

Minecraft PC体験版ダウンロードページで下部緑色の『DOWNLOAD MINECRAFT.MSI』をクリックすることで100分間無料のマインクラフト体験版をダウンロードできるので、インストールして動作確認ができます。この体験版が動作すれば、お使いのパソコンが、マイクラができる最低スペック以上であることが分かります。

また、製品版の購入方法は、Minecraft PC公式サイトにアクセスすると中央にある「Minecraftを購入」 のクリック後のページで、無料会員登録を行うことで購入できます。

2018年11月15日現在、製品版の価格は3000円(税込み 3240円)で、クレジットカードや Vプリカ の他に Amazonでも購入できます。

クレジットカードが無い方は、Amazonで購入がおすすめです。

マインクラフトPC版の推奨スペック

かつてはマイクラPCの動作スペックは未公開でしたが、現在はマインクラフトPC版の公式サイトで、必要、推奨動作環境ともに公表されています。

以下は、マインクラフトが動作するのに必要とするPCスペックと推奨スペックの表ですが、これはMODやテクスチャーを導入しない場合のスペックです(2018/11/15現在)。

必要動作環境 推奨動作環境
CPU Intel Core i3-3210 3.2 GHz
または AMD A8-7600 APU 3.1 GHz
または同等以上
Intel Core i5-4690 3.5GHz
または AMD A10-7800 APU 3.5 GHz
または同等以上
メモリ 2GB以上 4GB以上
GPU Intel HD Graphics 4000シリーズ(Ivy Bridge)
または AMD Radeon R5シリーズ(Kaveri系)
または Nvidia GeForce 400 シリーズ
または AMD Radeon HD 7000 シリーズ
(OpenGL 4.4以降)
GeForce 700 シリーズ
または AMD Radeon Rx 200 シリーズ
(OpenGL 4.5以降)(内蔵GPUは非推奨)

マインクラフトは動作させるだけなら、数世代前のPCスペックでも、低スペのノートでも動きそうですね。

しかし、マイクラ PC スペックはアップデートにより少しづつスペックが上がっており、以前の最低スペックPCでは2019年最新のマイクラ最低スペックに満たなかったりします。

また、ゲーム用ではない一般的なPCでは、MOD導入・やり込みプレイはできない場合が多いです。

一般的なPCとは、ノートPCや省スペース型、一体型のPCなど、グラフィックボードが搭載されていないPC(ゲームPC以外)のことです。

さらにVR版マインクラフトでは、推奨スペックがより高くなります。

MOD有りマイクラPC推奨スペック

マイクラPC版は水面MODだとそうでもないですが、影MODを導入する場合、一気に必要スペックが引き上げられます。

最高環境を追求したり、大規模MODを入れたり、動画配信などを考えるとGTX 1050 Ti, GTX 1060 3GB以上の最新グラフィックボード・GPUとCPUなどが必要になります。

さらに描画距離32chunkにする場合は、GTX1060 6GBやGTX1070, RTX 2070やRTX 2080の他にCPU等も高スペックが必要です。

CPU Core i5やCore i7などクアッドコア(4コア)のCPU
メモリ 8.0GB以上
GPU Geforce GTX 1050 Ti以上 / Radeon RX570以上

影MODとは?

↓のようにマインクラフト PC版の影描画を美麗にするMODです。

影MOD

最初に説明しましたが、マイクラPC版では、他にもいろいろなMODやテクスチャーがユーザーにより作成され、導入すると遊び方に幅が出ます。

ニコニコ動画などゲーム実況で配信されているマイクラは、スペックが高いPCにMODが導入されています。

一部MODはスマホ版(マイクラPE版)でも対応していますが、大多数のMODはマイクラPC版でしか導入できません。そこがマイクラVita版/PS3版/PS4版等との最大の違いでもあります。

マインクラフト PC版VR 推奨スペック

現在、マインクラフト PC版のVR対応は、公式のオキュラスリフト版と、MODのHTC Vive版の2種類があります。

公式のVR版はオキュラスリフトで動作するため、Oculus Riftと推奨スペックはほぼ同じですが、OSだけ違ってWindows 10のみ対応となっています。

MOD版のHTC Vive用マインクラフトの場合は、Windows 7や8.1でも動作します。

ちなみに、オキュラスリフトとHTC Viveの推奨スペックは、メモリ以外はほぼ同じです。

CPU Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上
メモリ 8GB以上 (MOD版は4GB以上)
GPU NVIDIA GeForce GTX 1060 or 970
またはAMD Radeon RX 480 or R9 290 以上
OS 公式はWindwos 10 64bit (MOD版はWindows 7 以上)

スペックにGTX 1060や970等とミドルスペックなゲーミングPCが推奨されていますが、これはVR酔いを防ぐためにフレームレートを90 fps維持するのに必要なスペックです。

今からゲーミングPCを購入するなら、GTX970以上の性能でお値段がお安くなっているGTX 1060以上が登場したので、GTX 1060登載PCがおすすめです。

GTX1060登載マインクラフトPC

 GALLERIA XT
価格:142,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★★★
CPUインテル Core i7-8700
GPUNVIDIA GeForce GTX1060 6GB
メモリ8GB
SSD500GB
HDD1TB HDD
電源500W 静音電源 (DELTA 製 / 80PLUS BRONZE)
コメントVRに対応できるスペックでコスパが良いGTX 1060と最新CPUのi7-8700を搭載したPCです!実際に動作確認したレビューはこちら!人気ゲームPCランキング2位!
 GALLERIA GCF1060GF
価格:164,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★★★
CPUインテル Core i7-8750H
GPUNVIDIA GeForce GTX1060 6GB + インテル UHDグラフィックス630
メモリ8GB DDR4 SO-DIMM
SSD250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
HDD1TB HDD(5400rpm)
モニタ15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート120Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)
コメント最新CPU i7-8750H とVRにも対応する GTX 1060 6GB を搭載した15型ゲーミングノートです!250GB SSDと1TB HDDのツインドライブ、メモリ 8GBもあり、殆どのPCゲームをカバーしています!人気1位のゲームノートです!

マイクラPC版 推奨スペックのPCパーツについて

マイクラPCのパーツについて、軽く説明します。

CPU、メモリ、GPUの3つのバランスを取る

3つのバランス

重要なのはCPU、メモリ、GPUの3つです。 これらはマインクラフトPC版以外の3Dゲームでも重要です。

この3つは、どれか一つが高性能より、3つのバランスを取った方が価格を抑えられます

例えばグラボだけ最新の高性能のものを購入しても、CPUが古かったりメモリが低いと足を引っ張るボトルネックになるため、値段未満の働きしかしません。

お使いのPCがゲームPCではない場合、大抵グラフィックボード(通称グラボ、GPU)が搭載されていないため、足を引っ張ることが多いです。

マイクラPC パーツの細かい説明

グラフィックボード(グラボ・GPU)

GPU・グラフィックボードとは、パソコンのグラフィック処理を行うパーツです。

マインクラフト PC版ができない・起動しても落ちる等の原因は、大抵がパソコンのスペック不足・・・特にグラフィックボード(GPU)が搭載されていない・スペック不足からです。

マインクラフトにかぎらず、PCは要求する動作ができない場合、安全のため処理を中断・終了します。

特にノートPCはゲームPCでもない限りGPUが登載されないことが多く、マインクラフトができないことが多いです。

GeForceかRadeonか

GPUはnVidiaのGeForce系とAMD社のRadeon系が主流です。マイクラ PC版では、以前まで、GeForce系で“Out of Memory”のエラーが出たり、クラッシュする事例が多く報告されており、一方でRadeon系での報告は多くありませんでした。

最近はそのような問題は無くなったため、GeForce系Radeon系どちらでも良いでしょう。GeForce系はシェアが多いためメジャーなゲームの対応が早く、Radeon系は価格が安くなる傾向があります。

影MODなしなら、GeForce GT1030~GTX1050

用途をMinecraftのプレイに限定し、影MODなしならば、GTX960M、GT1030~GTX 1050/Radeon RX550~RX560で充分です。

CPUとメモリが足を引っ張っていなければ、FarやFancy設定で快適なプレイができ、GTX 1050なら水面MODや256×256のテクスチャでもヌルヌル(常時60fps以上)を保てるでしょう。 2018年12月現在、ゲーミングPCと謳ってあるものは最低限この辺りのGPUが搭載されています。

GTX1050登載マインクラフトPC
 GALLERIA DC
価格:79,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★☆☆
CPUインテル Core i3-8100
GPUNVIDIA GeForce GTX1050 2GB
メモリ8GB
SSD320GB SSD
電源DELTA 450W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-450EB E)
コメントGTX 1050 Tiの9割の性能を持つグラボを搭載した激安ゲーミングPCです!

マイクラ ノートPC

 GALLERIA GCF1050TGF-E
価格:129,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★★★
CPUインテル Core i5-8300H
GPUNVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB
メモリ8GB DDR4 SO-DIMM
SSD250GB SSD
HDD1TB HDD(5400rpm)
その他15.6インチ フルHD 液晶(1920×1080)
コメント予算を抑えたい方におすすめのスリムゲーミングノートです!重量が2kgで他のゲーミングノートより軽く一般的なノートに近い重量なのもおすすめなポイントです。

影MODありならGTX 1050 Ti以上

影MOD(Sonic Ether’s Unbelievable Shaders)でプレイするなら、最低でもGTX 1050 Ti以上をオススメします。

コスパが良いマインクラフトPC

以下は、影MOD対応スペックで、一番購入されているコスパが良いマインクラフトPCです!マイクラPC版以外のゲームも快適に動作します!

マイクラPC デスクトップ

 GALLERIA DH
価格:94,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★★☆
CPUインテル Core i5-8500
GPUNVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
HDD1TB HDD
電源450W 静音電源 (DELTA 製 / 80PLUS BRONZE)
コメント最新CPUのi5-8500と、GTX 960以上の性能を持つGTX 1050 Tiを搭載した格安ゲーミングPCです!

マイクラ ノートPC

 GALLERIA GCF1050TNF
価格:149,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★★★
CPUインテル Core i7-8750H
GPUNVIDIA GeForce GTX1050 Ti 2GB
メモリ8GB DDR4 SO-DIMM
SSD250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
HDD1TB (5400rpm)
モニタ17.3インチ液晶(1920×1080)
コメント最新CPUのi7-8750Hとエントリー向けGPUのGTX1050Ti、さらに250GB SSD+1TBを搭載し、スペックと価格のバランスが取れたノートPCです!

影MODあり最高設定やVRでは、GeForce RTX2070~RTX2080Ti

マインクラフトPCの通常プレイだけが目的なら必要ありませんが、話題のVR版(Oculus Rift)や、4K解像度、影MOD(Ultra)、大規模MOD多数導入下などでの快適プレイではRTX2070以上が必要になってきます。また、次のような状況でも60fps以上を出したいならば、RTX2070以上のGPUと足を引っ張らないCPUとメモリが必要です

影MOD2

  • 「影MOD(Ultra)」
  • 「描画設定Far+Fancy」
  • 「解像度(ウィンドウサイズ)1920×1080」
  • 「256×256テクスチャを使用」
  • 「ネザー探索中」
  • 「降雨時」
  • 描画距離32chunk

 

上記は、実際にRTX2070登載パソコンでマインクラフトPC版を影MOD+Ultra設定で動かした動画です。

コメントによると、録画しなければ100 fps以上で快適動作するそうです。

実際のマイクラ配信動画でも処理が重くなるジャングル等でも約80 fps以上を維持し、カクつきはありません。

2018年12月10日現在、ゲーミングPCはRTX 2070 がコスパが良くて一番人気なのでおすすめです。

RTX2070登載マインクラフトPC
 GALLERIA XF
価格:179,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★★★
CPUインテル Core i7-8700
GPUNVIDIA GeForce RTX2070 8GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
SSD500GB SSD
HDD2TB HDD
電源CORSAIR 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE / CX650M)
コメントトップクラス速度のGTX1080Tiに迫る最新GPU RTX2070を登載し、CPUはi7-8700!さらに大容量500GB SSDと2TB HDDのツインドライブ!人気1位です!

ただ、上記の動画はMODが数個しか入っていないので、それ以上のMODを入れる場合や、描画距離32chunk以上にする場合はRTX 2080 Ti以上にすることも視野にいれましょう。

Minecraft Ver1.8から、描画距離32chunkが実装されました。描画距離32chunkではGTX1060でも60FPS以上をキープは難しい場合があります。SLIでも同様で、むしろCPUのほうがボルトネックになることもあります。

そのため、これらグラボの性能を引き出すようなPCスペックにした場合は、30万を超えることもあります。

RTX2080Ti登載VR推奨マインクラフトPC
 GALLERIA ZZ i9-9900K搭載
価格:339,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★★★
CPUインテル Core i9-9900K
GPUNVIDIA GeForce RTX2080 Ti 11GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSDSamsung 500GB NVMe SSD (970 EVOシリーズ, M.2, 読込速度 3400MB/s, 書込速度 2300MB/s, 3bit MLC)
HDD3TB HDD
電源SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS PLATINUM / SST-ST75F-PT)
コメント世界最強のRTX 2080 Ti と最新CPUを搭載し、メモリもSSDも電源も大容量!モンスターPCの上にコスパも最強です!

CPU

では、足を引っ張らないCPUとは? GTX 1050 Ti以下やGTX 1060 3GB、GTX 1060 6GBならCore i5-9600やCore i7-8700、RTX 2070以上なら i7-9700 以上、RTX 2080やRTX 2080 Tiならi9-9900Kなどが目安です。

また、配信を高画質でやりたい場合は、特にハイスペックなCPUじゃないとカクつく場合があります。

さらにWEBカメラを使用する場合は、Ryzen 7 2700Xやi9-9900Kなどコア数スレッド数が多いCPUも検討しましょう。

ゲーム自体はインテルCPUが有利な傾向ですが、配信・動画編集・ゲーム実況はインテルよりAMDのCPUがコスパが良い場合もあります。

現時点では、i9-9900Kが配信含めてベストなCPUです。

メモリ

マインクラフトPC版は、見た目よりも予想以上にメモリを多く使用しています。

管理人が実際に試した所、マイクラPC版MODなし初期設定のワールドでMinecraftだけ起動して、Windows全体で3.5GB近くメモリを使用してたので、4GBあればギリギリ足ります。

しかし、そこにインターネットブラウザを起動するだけで4GBを超えました。

動画撮影やSkype、メールアプリ、常駐ソフトなど、他にもアプリを起動したり、MODを導入するなら、最低でも8GBのメモリを購入しましょう。

特に配信もしたい場合は 16 GB 以上じゃないと、強制終了して落ちる可能性が高いです。

ただ、メモリは多すぎても問題が起きることがあるので、32GBまでにするのがおすすめです。

ゲームPCなら安心

説明を聞いても複雑でよくわからないかもしれませんが、各メーカーが発売しているゲームPCでは、搭載されているグラボの足を引っ張らない構成になっています。 なので、ゲームPCを購入すれば、あまり深く考える必要はありません。

ゲームPCとは

ゲーム「も」出来るハイスペックパソコンです。最新の3Dゲームが出来るのだから、ゲーム以外でも、インターネットや動画鑑賞、オフィスなど事務仕事、動画編集やプログラミングなど非常に重い処理でも、一般のPCよりスピーディに動作するので、1台買っておくと何かと便利です。大は小を兼ねるというわけです。

マイクラPCの買い替え

マイクラPC版が動くゲームPCは、様々なタイプが各パソコンショップから発売しています。 それにより各社が価格競争し、安価に手にれることができるようになったとはいえ、いざ購入しようと思っても情報が多すぎてどれがお買い得なのかが見えづらくなっています。

価格、動作別マイクラパソコン検索

そこで当サイトでは、マイクラPC版が動く各社のPCを価格やMOD有り無しなどの快適度から検索きる機能を付けました! 以下のリンクから、是非利用してみてください!!

マイクラPCをメーカー別に検索!

また、一つのメーカーに偏らないように各メーカーや販売店別でも検索できるようになっています。 お気に入りのメーカーが良いPCを出しているか以下のリンクから検索してみてください!

みんなが購入しているオススメのマインクラフトPC

 GALLERIA ZF
価格:217,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★★★
CPUインテル Core i7-9700K
GPUNVIDIA GeForce RTX2070 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD500GB SSD
HDD2TB HDD
電源CORSAIR 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE / CX650M)
コメントGPUはRTX2070、CPUはi7-9700より1割性能が高いK付き、メモリは16GB、さらに500GB SSDと2TBの大容量なので安いです!
 GALLERIA GCF1070NF
価格:235,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★★★★
CPUインテル Core i7-8750H
GPUGeForce GTX1070 8GB
メモリ8GB
SSD250GB SSD
HDD1TB
モニタ17.3 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート120Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)
その他17型ノート
コメントGTX 1070とi7-8750Hを搭載し、SSDとHDDのツインドライブのゲームノートです。モニタのリフレッシュレートが120Hzなのでゲーミングモニター並です!

検索が面倒な方はこちらにおすすめマイクラPCを、MOD有り無し・価格別・ノートPC別にご用意しました。

おすすめのマインクラフト パソコンは、こちらをクリック