2014年2月17日に行ったドスパラのゲーミングノートパソコン「GALLERIA VF-HG」の実機レビューです。

GALLERIA VF-HGは、CPUに第四世代インテル Core i7-4700MQ、GPUにNVIDIA GeForce GT 740M 2GB + インテル HD グラフィックス、メインメモリ4GBを搭載したノートパソコンです。

Windows7 モデルとWindows8.1 モデルがあり、価格はどちらも97,980円から購入できます。

また、CPUがCore i5-4200Mのモデルがあり、そちらもWindows7 モデルとWindows8.1 モデルがあり、価格はどちらも90,980円から購入できます。

(価格は、2014年2月17日現在です)

スペックの詳細

今回レビューしたPCは、以下のスペックの「GALLERIA VF-HG Windows7 インストールモデル」です。

CPU インテル Core i7-4700MQ (クアッドコア/HT対応/定格2.40GHz/TB時最大3.40GHz/L3キャッシュ6MB)
グラフィック 17.3インチ液晶(1920×1080) / NVIDIA GeForce GT740M 2GB + インテル® HD グラフィックス(Optimus™ 対応)
メモリ 【PC3-12800】4GB DDR3L SO-DIMM (PC3-12800/4GBx1)
ハードディスク 500GB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
マザーボード モバイル インテル HM86 Express チップセット搭載マザーボード
OS 【64bit】Windows7 Home Premium

マインクラフトのベンチマーク

GALLERIA VF-HGの性能を検証・比較するため、実際にマインクラフトをプレイし動作検証してみました。

影MODありでも検証するため、マインクラフトのバージョンは1.6.4で行いました。

マインクラフトMODなしでは非常に快適

まずはインストール直後のマインクラフトをMODなしでプレイしてみました。グラフィック設定は、デフォルトです。

 影MODなし

MODなしでは非常に快適に動作しました。FPSは60前後です。

マインクラフト影MODありは厳しい

当サイトは今まで、グラフィックがGT 740Mだと、影MODは厳しいと評していました。

実際にGALLERIA VF-HGに影MODを入れるとどのような動作をするのか、以下のMODを入れて試してみました。

  • forge 1.6.4
  • OptFine 1.6.4 HD
  • ShadersModCore v2.0.1
  • SEUS v10.0

SEUS v10.0 Lite

 

[Shaders] Error : Invalid program gbuffers_textured_lit

というエラーが出て、上記の画像のように正常な描画がなされませんでした。

SEUS v10.0 Liteを入れ、SEUS v10.0の中のcomposite.vshの’float timePow = 2.0f;’ to ‘float timePow = 3.0f;’に変更すると良いという情報が海外サイトにありましたが、試してもダメでした。

やはり、影MODは無しでプレイするのが良いでしょう。

その他のベンチマーク

Windows エクスペリエンス インデックス

Windows エクスペリエンス インデックス

 

プロセッサ7.6、メモリ7.7、グラフィックスとゲーム用グラフィックスは6.8です。

プライマリハードディスクは5.9ですが、SSDを搭載すれば7以上になると思います。何年たっても新品の早さを体験したい方は是非!

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編 (FF14新生)

GALLERIA VF-HG FF14ベンチ

 

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編 では、解像度1280×720の標準設定(ノートPC)で【とても快適】である【6656】をマークしました!

ドラゴンクエスト10

GALLERIA VF-HG ドラクエ10 ベンチ

ドラクエ10の標準品質解像度1280×720では、【4829】のスコアでした。これは、【普通】である【スライム級】です。

PSO2、モンハン、信長の野望等のベンチマークまとめ

他のゲームのベンチマークも含め以下の表にまとめました。

解像度は1280×720で設定は標準です。

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編 6656 (とても快適)
ドラゴンクエスト10 4829 (普通)
ファンタシースターオンライン2 (PSO2) 6209 (快適に動作)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 4199
信長の野望・創造 45 FPS
バイオハザード6 3304 (RANK B)

3DMark

ICE STORM  48855
CLOUD GATE  6976
FIRE STRIKE  1003

まとめ

 GALLERIA VF-HGは、最新CPU Core i7-4770MQと、エントリーゲーマー向けGPU GeForce GT 740M を搭載したノートPCです。

価格は、97,980円から購入でき、ゲームノートPCとしては安価です(価格は、2014年2月17日現在)。

ベンチマーク検証結果から、マインクラフトの影MOD無しなら快適に動作することが分かりました。

また、他のゲームも、標準設定なら充分に快適動作します。

 GALLERIA VF-HGは、CPU、メモリ、HDDやSSD、CPUグリスまでカスタマイズ可能なので、自分好みの構成にできます。

是非、下記リンク先から確認してみてください。

 Critea VF-HE11 i5-6200U
価格:79,980
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
快適度 ★★☆☆☆ 他ゲームの快適度は?
CPUインテル Core i5-6200U
GPUNVIDIA GeForce 940M 2GB + インテル® HD グラフィックス520(Optimus™ 対応)
メモリ[無料アップグレード中]8GB DDR3L SO-DIMM
HDD[無料アップグレード中]1TB (5400rpm)
モニタ15.6インチ非光沢液晶(1920×1080)
コメントGPUにGeForce 940Mを搭載した、安いノートパソコンです!実際に動作確認したレビューはコチラ!

MODを入れても動かない場合、PCがスペック不足の可能性もあります。

こちらからマインクラフトPC検索して探してみましょう。 MODなしで安いPCが何かも分かります。

検索が面倒な方はこちらにおすすめマイクラPCを、MOD有り無し・価格別・ノートPC別にご用意しました。

マイクラPC版を実際にプレイしベンチマークした詳細レビューも参考にどうぞ。